産後の体型を知ろう

Sponsored Link

産後に、体重は元に戻っていたけど気づいてみると
体型が変わってしまったという悩みも多いようです。

赤ちゃんに母乳を上げている時は、張りもあり大きかったバストも、
授乳期を過ぎると垂れ下り張りもなくなってしまいます。

また、母乳を左右平等に上げないと、
授乳期が終わるころには左右の大きさが違ってきてしまう事もあるのです。

 

産後の自分の体型を知ることが大切です。

何もしないと太りやすい体型になってしまうのは目に見えています。

産後の痩せやすい体型にある時こそ、
部分ダイエットがお勧めです。

母乳を上げる姿勢も気をつけていないと、
猫背になりやすく肩こりの原因になるでしょう。

骨盤が広がったままになっていると、
内臓が下がってしまい、
ぽっこりしたお腹になってしまうのです。

腰周りは、妊娠時に赤ちゃんを守ろうとしてついた皮下脂肪が、
取れないままになってしまうと痩せにくくなってしまいます。

ダイエットをしていくと、しぼんだように見える妊娠線
ところどころに出ます。

ダイエットだけではなく、こういった産後のケアも必要になってきます。

女性は誰でも、いつまでもきれいでいたいと思っています。
産後も自分の体を鏡でチェックして、
体型の崩れの不安をなくしていきましょう。

Sponsored Link